お洗濯日和が続いて欲しい

今は梅雨真っ只中のはずなんだけど、気温も高くてお天気の日が多いしあまりジメジメした気候でもないので、お洗濯するのにはほんと助かる。

子供が幼稚園に行きだしてから、 毎日のように泥んこの服を持ち帰ってくるし、園から帰宅後は即洗濯機始動。16時前に洗濯干せば、21時頃には乾いてるものもあって、大変ありがたい。毎日プースも始まり、水着を持ち帰ってくるし、これがすぐに乾くことが今一番嬉しい。

でも、お天気ばかり続くと作物等は育たないし、スーパーで野菜が高くなったりもするんだと思うと、喜んでばかりもいられないのかなっと思ったり。

⇒フィット値引き

家計が圧迫されるのは悲しいんだけど、暑い時期、汗かいたり泥んこ汚れがすぐ洗濯できる事は、主婦にとっては嬉しいことなんだよね。

去年の今ごろはジメジメして、梅雨らしい日が続くと洗濯物も生乾きで臭うこともあったし、なぜかナメクジが潜んでたりすることもあって嫌な時期だったんだけど、

今年は、まだ猛暑ほどの暑さでない、お洗濯日和の日が続いている事が一番ありがたいね。


お菓子にジェネレーションギャップを感じた

子供が生まれる前までは、スナック菓子にはあまり興味もなく、自分が子供の頃に食べた種類くらいしか食べたことがなかったのですが、子供が生まれてどんどん成長すると共にお菓子という存在ももちろん知ってくるわけで、「あれ、欲しい。あれ、食べたい」っと言うようになってきました。

買い物でもスーパー等のお菓子売り場にも行く機会が多くなり、最近販売されてるお菓子の種類を知ってビックリ!例えば『チョコ』と1括りにしても色んな味のものがでてて、私が小さい頃には板チョコなんてビターかブラックくらいしか見たことなかったのに、今はホワイトチョコもあったり、チーズを混ぜ混んだものや新食感と唱った種類が多く、非常に興味をそそりました。

ポテトチップスやグミも、固さの違うものがあったり、味の種類も豊富で驚きました。しかもガムやグミに至っては子供の咀嚼力を高めるらしく、食べて健康を維持するようなお菓子の種類も多いことに、ジェネレーションギャップを感じました。